vol.78

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

子どものメタボリックシンドロームもあると聞きました。大人の診断基準と同じですか?

A回答

子どものメタボリックシンドローム(小児メタボ)の診断基準項目は大人と同じ、腹囲、脂質、血圧、空腹時血糖ですが、各項目の基準値は子どもの体格等を考慮した値に設定されています。
厚生労働省の研究班が作成した小児メタボの診断基準で最も重視されるのは、1.腹囲です。「小学生75cm/中学生80cm以上」という具体的な数値に加え、「腹囲÷身長=0.5以上」という基準が設けられています。このどちらかに該当し、さらに 2.脂質、3.血圧、4.空腹時血糖のうち2つ以上当てはまる場合、小児メタボと診断されます(下記参照)。

〈小児メタボの診断基準(6~15歳)〉

1.腹囲 小学生75cm/中学生80cm以上 または 腹囲÷身長=0.5以上
2.脂質 中性脂肪120mg/dL以上 または HDLコレステロール40mg/dL未満
3.血圧 収縮期125mmHg以上 または 拡張期70mmHg未満
4.空腹時血糖 100mg/dL以上

小児メタボと診断された場合は、適度な運動に加え、スナック菓子やファストフードを控えるなど、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。子どもは成長過程にあるので、無理な食事制限をしてはいけません。小児メタボの多くは、大人になってもメタボ状態が続くといわれています。将来のためにも、子どもの頃から正しい生活習慣を身に付けることが大切です。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る