vol.82

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病を治療する場合に、運動療法をしないほうがよい場合もあるのでしょうか?

A回答

糖尿病のコントロールが悪い場合や、合併症がある患者さんでは運動は慎重に行ってください。適切な運動量は患者さんの状態に左右されますので、医師と相談しましょう。
基本的に、適切な運動療法は糖尿病の治療に有益といえますが、血糖値には十分注意して行う必要があります。例えば、糖尿病治療薬の服用やインスリン投与を受けている患者さんが運動を行った際、運動中や運動後に低血糖を生じるおそれがあります。逆に血糖コントロールが悪い状態で激しい運動を行った場合には、運動中や運動後に血糖値がより高くなることがあります。よって、運動療法に取り組む際には十分な血糖コントロールが大切です。
また、糖尿病による合併症がある場合にも注意が必要です。例えば、糖尿病の代表的な合併症である網膜症や腎症のある患者さんでは、運動が悪影響をおよぼすこともあります。自律神経障害のある患者さんでは運動中の突然死、無症候性心筋梗塞などを起こすおそれもあるので、運動は慎重に行うようにしてください。これらのほか、膝や足の関節など整形外科的な病気にも注意が必要です。
このように、適切な運動は、年齢、心肺機能、合併症など患者さんの個別の状態に左右されますので、医師と十分な相談をした上で運動療法に取り組みましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る