vol.86

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病では足の手入れが大切と聞きましたが、何をすればいいのですか?

A回答

糖尿病神経障害が進んでいる患者さんでは足の感覚が鈍くなっており、気づかないうちに病気が進行してしまうことがあります。足を毎日よく観察して、足の手入れをこまめにしましょう。
糖尿病によって神経障害が進行すると足の感覚が鈍くなってしまいます。また、糖尿病の患者さんは細菌に対する抵抗力が弱くなっているため、足の傷が細菌に感染しても気づかないうちに病気が進行してしまうことがあり、足の指の形が変わったり、爪の周囲の炎症が起きたりします。このほか、動脈硬化によって足の血管が細くなり、足の先まで十分な血液が流れなくなることで、足の病気が進行することもあります。これらの病気は処置が遅れると皮膚の壊疽まで進むことがありますので、早期の処置が重要となります。 そのためには、足を毎日よく観察して、小さな変化に早く気づくことと、足の手入れをこまめにすることが大切です。具体的な足の手入れ(フットケア)の方法は次のとおりです。

[細菌感染の予防]
・ 毎日、足を指の間までよく洗い清潔に保つ。

[足の怪我の予防]
・ 爪を切るときは深爪をしない。
・ 靴は足にあったものを選び、かかとの高い靴は避ける(靴擦れの防止)。
・ 必ずお湯の温度を手で確認してから入浴する。また、こたつや湯たんぽ、ヒーターに足を長時間さらさない(火傷の防止)。

[動脈硬化・免疫機能低下の予防など]
・ 禁煙をする。

これらの点に注意し、気づいたことがあれば早めに医師の診察を受けましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る