vol.92

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

毎日の食事の中には、炭水化物、たんぱく質、ビタミンなどさまざまな成分の食品があると思いますが、「この順番で食べると生活習慣病を予防できる」という順番はありますか?

A回答

あります。食事の初めに食物繊維を含む食品をよく噛んで食べると、血糖値の急激な上昇を抑えることができ、生活習慣病の予防に効果的です。
食事をすると血糖値が上がりますが、急激な血糖値の上昇は生活習慣病のリスクを高めてしまいます。食品によっては血糖値が上がりやすいものと上がりにくいものがありますので、上がりにくいものから順番に食べていくのが血糖コントロールのコツです。
基本的には食物繊維→たんぱく質→炭水化物という順番が、最も血糖値が上がりにくい順番とされています。
そこで初めは食物繊維を含む野菜や海草などを食べ、それから魚や肉といったたんぱく質、ご飯などの炭水化物を食べるといいでしょう。キャベツ、こんにゃく、タケノコ、キノコ類などは食物繊維に富む上に、低カロリーなので、一口目に食べるのに理想的な食材と言えます。また、これらをよく噛んで食べることで満腹感が得られ、その後に続く炭水化物の摂取量を抑えることもできます。
もちろん順番だけでなく、早食いにならないように注意する、1日3回規則正しく食べる(特に朝食は必ず摂る)、夜遅くの食事を控える(9時以降)、腹八分目を心がける、といったポイントも覚えておきましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る