vol.24 白内障手術を受けるタイミング

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.24 白内障手術を受けるタイミング 眼科疾患の中で最も手術が進歩したといわれているのが白内障です。
白内障は、主に加齢により眼の水晶体が白く濁り、視力障害を起こす疾患ですが、治療薬がないだけに手術が進歩せざるを得なかった、という面もあります。
手術は『眼内レンズ挿入術』。白濁した水晶体を取り除いて、人工の眼内レンズを水晶体を包む膜の中に入れる手術です。
眼球の上部の角膜と結膜(白眼)の境界に沿って2.5~3mm切開し、超音波で白濁部分を乳化させて吸引します。次に、折り畳んだ眼内レンズを切開口から挿入。眼内レンズは中で元の大きさである直径6mmに広がるのです。
手術室に患者が入って出るまでの所要時間は約50分と短く、日帰りも可能になり、これまで問題にされていた「乱視が起きる」「炎症が起きる」「社会復帰に時間がかかる」については解消されました。

それにもかかわらず、まだまだ眼科手術は怖い、と手術を医師からすすめられても悩み続ける人がいます。どんな手術でも、手術である限りはリスクを伴いますが、今日では、手術を先送りしすぎてしまうことの方が問題なのです。
手術を先送りしているうちに視力が0.1以下になってしまうと、水晶体が硬くなりすぎて、数分で終了する手術が長時間になるばかりか、術後に行うケアが多くなってQOL(生活の質)を悪くしてしまいます。
では、どのようなタイミングで白内障の手術を受けるのが良いのでしょうか。
多くの場合、手術のタイミングを決めるまで充分な時間的余裕があります。
基本となる目安は、あなた自身が見え方に満足できなくなり、日常生活に支障が生じてくる『視力が0.6以下になったとき』です。ただ、0.6以上であっても、まぶしさが強すぎるなど、QOLに問題が生じるようであれば、手術を考えるべきです。
また、職業的な問題もあります。例えば、タクシードライバーなど運転を職業とする方が白内障の場合、夜間運転で対向車のライトがまぶしくて前がよく見えないといったことがあると、安全走行的に問題が生じます。この場合も早めに対応するのがいちばんです。
「手術は怖い」と悩んでばかりいないで眼科医に相談し、視力とQOLを十分に考慮した的確なタイミングで、手術を受けましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る