vol.33 気付きにくい先端巨大症

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.33 気付きにくい先端巨大症 病気の症状はさまざまですが、からだの形状が変化する病気のひとつに『先端巨大症』があります。これは成人で発症するもので、骨の発育期に発症した場合は身長が異常成長してしまうので『巨人症』といわれます。
先端巨大症は手足の先端、額、あご、唇、舌などが肥大し、ろれつが回らなくなったり、指輪や靴のサイズが合わなくなったりします。当然、顔つきも変わってきます。

ところが、患者本人はその変化になかなか気付くことはなく、「私は昔からこういう顔だった」とか「最近、運動不足で太ってきたようだ」などと思っていることが多いようです。それというのも、それらの変化に5~6年と長い期間がかかっているのが発見を遅らせているようです。あごの骨などが変化すると、治療を始めても骨の変化までは治らないので、早期発見・早期治療が重要となります。
先端巨大症は脳下垂体にできた腫瘍から、ホルモンが多量に分泌することによって起こる病気です。脳下垂体は頭蓋骨のほぼ中心にあって、全身のホルモンの中枢です。ここにできる腫瘍としては4つありますが、そのうちの26.5%を占めるのが『成長ホルモン産生腺腫』です。この腫瘍は成長もゆっくりで他の臓器に転移することも少ない良性腫瘍です。
もし「少しでも変だ」と思ったら内分泌内科を受診しましょう。
先端巨大症と診断された時の治療の第1選択は手術となります。それは開頭手術ではなく、経鼻的下垂体手術で行われます。すでに100年以上行われている確立した手術で、上の前歯のつけ根の口腔粘膜を切開し、鼻腔の裏側から腫瘍を切り取ります。開頭手術のように傷跡が残ることがないメリットもあり、脳外科手術の中でも安全な部類に属する手術です。
できる限り腫瘍を取り除くことで50~60%は治ります。しかしすべて取り除けなかった場合には、術後に薬物治療を行います。サンドスタチンという薬を月に1回、病院で注射してもらうと成長ホルモンをコントロールすることができます。
ともあれ、早期発見が大事です。それには、時々、5年くらい前の写真を見ながら、今の自分の顔を鏡にうつして比べてみるとよいでしょう。たまたま出かけた同窓会で、あまりの変化を指摘されて発見に結びついたケースもありました。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る