vol.34 帯状疱疹後神経痛のリスクを下げる

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.34 帯状疱疹後神経痛のリスクを下げる 帯状疱疹(たいじょうほうしん)に悩まされる人は毎年、人口10万人当たり300~500人に上ります。帯状疱疹の出るところによっては、顔面神経麻痺を引き起こしたり、耳の聞こえを悪くしたりもしますが、それ以上に、対応が遅れると“辛い痛み”に数年も悩まされる『帯状疱疹後神経痛』になることもあります。帯状疱疹を帯状疱疹後神経痛にしないためには――。

帯状疱疹は子どものころにかかった水痘ウイルス、つまり水ぼうそうのウイルスの再活性化によって起こる病気です。
免疫力が低下した状態になると、神経痛のような痛みが生じ、その痛みが出て4~5日後に出てくる赤みがかった水疱が特徴です。皮膚の症状や痛みは、普通そのうちに自然治癒しますが、皮膚の症状が消えた後にもしばらくして痛みが出る場合があります。これを帯状疱疹後神経痛といいます。
帯状疱疹が治っても約10%の人は、3カ月くらいして出てくる帯状疱疹後神経痛に悩まされる可能性があります。短い人は数カ月で痛みから解放されますが、長い人は3~5年、10年近くも悩まされている人もいます。
帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹の重症度に応じて起こるものではなく、患者さんによって異なるため、早期発見・早期治療が極めて重要なポイントとなります。
ですから、痛みの後に赤みがかった水疱が出てきたら、遅くとも3日以内に治療を開始するのが、帯状疱疹後神経痛のリスクを低下させてくれることにつながります。
帯状疱疹の治療は薬物療法で、塩酸バラシクロビル(商品名:バルトレックス)という抗ウイルス薬の経口薬がよく使われています。これを1日3回(8時間おきに)、1週間服用するとともに抗菌外用薬を使って、皮膚の水疱やただれを悪化させないようにします。
そのほか、帯状疱疹の出る場所によっては、「不眠」「便秘」などが合併します。そのときは睡眠薬、下剤で対応します。顔面に出てきたときは、早くから皮膚科だけでなく眼科や耳鼻咽喉科と協力体制をとって、共同で治療が行われます。
経口薬が良くなったとはいっても、やはりより効果の高い治療法は抗ウイルス薬の点滴静注(静脈注射)です。この場合は入院が必要となります。しかし、入院は1週間程度ですむので、より重症で高齢の人は入院施設のある病院で診察を受け、入院治療で回復を目指すのが、その後の神経痛のリスクを下げるにはもっとも効果的と考えられています。どちらにしても、帯状疱疹は免疫力の低下が原因なので、あせらずじっくりと休養をとって体力の回復を心がけましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る