vol.36 頑固な「爪水虫」を退治する!!

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.36 頑固な「爪水虫」を退治する!! 慢性感染症の中で、日本人が意外に大らかに対応してきたのが「水虫」。そのためか、日本の水虫患者は2470万人にも上ります。しかし、ここへきて多くの水虫患者が治療に動き始めました。そこでわかったのが、実は水虫患者の2人に1人が、最も治りにくいといわれている「爪水虫」を併発していることです。家族に嫌われないためにも、この夏はしっかり爪水虫を治しましょう。

水虫は真菌(しんきん)の一種の白癬菌(はくせんきん)が足や手、爪に感染して起こります。それ以外の部位に感染した場合は、頭では「しらくも」。股では「いんきんたむし」と呼ばれています。

白癬菌は必ずしもからだにくっついているのではなく、人間の生活環境中にばらまかれています。例えば、プールや共同浴場など、大勢の人が裸足になるところです。家の中にも当然存在していますが、水虫菌の感染力は即刻ではなく、最短でも48時間といわれています。その間に、きちっとお風呂に入ってきれいに洗っていれば、感染することはありません。しかし、一度感染してしまうと治療をしっかり行わないと治りません。

その水虫には以下の種類があります。

  • 小水疱(しょうすいほう)型
  • 趾間(しかん)型
  • 角質増殖型
  • 爪白癬(つめはくせん)

この中で治りにくいので知られているのが「爪白癬」すなわち「爪水虫」です。

これは爪の中に白癬菌が入り込み、そのため爪が白く濁って厚くなり、ボロボロしてくる爪の水虫です。色が黄色がかる人もいます。ほかの水虫は1回1回治療薬を3カ月間塗り続けることで完治しますが、爪水虫はそうはいきません。

でも、あきらめる必要はありません。今は服薬期間が短く、効果の高い治療薬が登場しています。

それは『ラミシール』と『イトリゾール』です。どちらの薬も塗り薬ではなく経口薬です。これらは副作用として肝機能に問題が生じるケースもわずかに報告されているとあって、治療開始前に、必ず肝機能障害の有無をチェックし、問題のない患者さんに対しては薬が処方されます。その後も1カ月ごとに肝機能などの検査は確実に行っていきます。
ラミシールは1日1錠を6カ月間服用し続けます。

一方、イトリゾールの場合は「パルス療法」が行われます。1日2回、4錠ずつを服用。これを1週間続け、次の3週間は服用を休みます。この4週間を1クールとして、3クール行うのがパルス療法です。

パルス療法は治療が3カ月で終了しますが、その後も薬の効果は続いており、6カ月でほぼ治ります。
"爪水虫は治らない"とずっといわれ続けてきました。それが今や遂に過去の言葉になりつつあります。

ただし、正確には治癒率は70~80%で、残り20~30%の患者さんがなお爪水虫を引きずっています。その方々は、治療後、担当医とその後の対応を相談してください。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る