vol.38 紫外線増加で増えているメラノーマ(悪性黒色腫)

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.38 紫外線増加で増えているメラノーマ(悪性黒色腫) 皮膚にできる代表的ながんには、顔にできホクロに似た「基底細胞がん」、紫外線の影響の大きい「有棘(ゆうきょく)細胞がん」と「メラノーマ(悪性黒色腫)」、陰部にできる「パージェット病」があります。

最近はオゾン層の破壊が進み、地上に降り注ぐ紫外線の量が増えているとあって、紫外線の影響の大きい有棘細胞がんとメラノーマがとくに増加していると指摘されています。統計的な数字はないものの、実際、最前線で治療にあたっている医師は「日本で、メラノーマは10年前の10倍にも増えている」と感じとっています。

そのメラノーマは、かつては手足の切断、さらには生死に結びついた皮膚がんとあって皮膚がんの中では最も恐れられています。早期発見に結びつけるためにも、怖いメラノーマを正しく理解するのが大事です。

からだを外界から守っている皮膚は、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層からできています。メラノーマは表皮にあって紫外線の害から身を守るメラニンという黒い色素をつくり出すメラノサイトががん化したものです。

メラノーマの早期発見のポイントは、特に生まれつきではなく、途中からできた黒いホクロの周囲にシミができて徐々に大きくなるようだったり、周辺の形が不規則な場合は十分に注意する必要があります。少しでもおかしいと思われるホクロがあった場合は自己判断せずに、まず皮膚科専門医を受診することが、早期発見、早期治療につながります。

黒いホクロに疑問を感じて受診すると、問診や視診が行われます。視診では10倍の拡大鏡「ダーモスコピー」が使われ、即時に診断が確定できるようになりました。このダーモスコピーが診断の精度を大幅にアップさせたからです。

このことにより発見の遅れから手足の切断と言う事も少なくなりました。手術ではがんの端から1~2センチ離して切除していますが、切除しすぎないためにセンチネルリンパ節生検が行われています。センチネルとは見張り番という意味です。がん細胞が転移する最初のリンパ節、つまり、センチネルリンパ節にがん転移がなければそれ以上リンパ節を切除することはありません。ただ、リンパ節に転移があるとリンパ節を切除する以外に化学療法や免疫療法(インターフェロン)などが行われていますが、有効性は低いのが現状です。だからこそ、予防に十分努力する必要があるのです。

予防方法は、「日焼け止めクリームを塗る」などを基本とした紫外線カット作戦をしっかりと行うことです。そして、メラノーマの症状を感じたら、すぐに皮膚がんを数多く治療している病院の皮膚科を受診すべきです。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る