vol.45 線維筋痛症は専門とする医師の治療を!!

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.45 線維筋痛症は専門とする医師の治療を!! 最近話題になっている『線維筋痛症』とは、全身の筋肉や関節に原因不明の痛みが生じ、それが長い期間続く病気です。全国の一般住民調査によると、推定患者数は約200万人といわれています。
線維筋痛症は病院で行う通常の検査をしても異常が表れません。そのため、痛みに苦しめられている患者さんの中には医師や周囲の人々から、「大げさなんですよ」とか、「怠けたいからだろう」などと、正しく理解されていない人が多くみられます。それは結果的にドクターショッピング(かかる医者を次々と代えて診断を受けること)をすることになるのです。

アメリカでは1990年に、アメリカ・リウマチ学会がすでに「線維筋痛症の診断基準」を作っています。それによると、「全身に原因不明の痛みが3カ月以上続き、全身に18カ所ある圧痛ポイントを指で押し、痛い場所が11カ所以上あると、これを線維筋痛症と診断する」となっています。
それから今日までの間に、原因はわからないものの、痛みが生じた背景として「出産・外傷・手術といった身体的負担が原因となって発症するケースが多い」こと、また、「社会生活的ストレスによって発症するケースも多い」ことから、心療内科で診療すべき疾患だということもわかってきました。
受診は心療内科がベストですが、整形外科やリウマチ科でも、線維筋痛症を知る医師が5人に1人と増えてきたので、正しい診断・治療に結び付くケースが増えています。
原因不明の痛みだけに、患者さんの不安は大きいものです。そのため、まずは正しい診断が大事になります。診察は、問診・触診から始まり、似た症状の他の疾患と識別して診断を行います。痛みの原因を特定するために、エックス線検査、MRI検査、血液検査を行い、筋肉や骨など組織の異常がない場合は線維筋痛症が強く疑われることになります。

今日行われている治療は「薬物療法」と「生活指導」です。
痛みがある場合は、普通は消炎鎮痛薬が処方されますが、線維筋痛症の痛みは炎症があって起きているのではなく、患部は熱をもっているというより、逆に冷たいので、消炎鎮痛薬は効果がありません。そこで処方されるのが「抗うつ薬」「抗けいれん薬」「漢方薬」。抗うつ薬は痛みを抑え、気分を上向きにするよう作用します。重症の患者さんには「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」や「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」が主に使われます。抗けいれん薬は筋肉への血流低下を改善するために、また漢方薬は更年期障害のような症状(頭痛、下痢、月経異常、いら立ち、抑うつ、焦燥感、疲労感、気力減退など)も多いので、自律神経のバランスを改善するために使います。
生活指導は心身医学的アプローチが必要なため、「心理療法」と「リラクゼーション」が行われます。心理療法としては、ストレスや生活の問題点を把握し、よりよい思考・行動パターンを身につける「認知行動療法」が最も良いとされています。リラクゼーションとしては「呼吸法」「マッサージ」「入浴」などが行われます。
このほか、反動をつけるような体操は痛みを起こすので、ゆったりとした動きの「運動療法」も指導されています。「太極拳」「ヨガ」「気功」などです。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る