vol.56 むち打ち症と脳脊髄液減少症

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.56 むち打ち症と脳脊髄液減少症 注目され始めた病気に脳脊髄液減少症があります。この病気は以下のような症状に悩まされます。「頭痛」「頸部痛」「めまい」「耳鳴り」「視機能障害」「倦怠・軽い疲労感」など――。それも、横になっているとき症状はおさまっていますが、座位や起立位になって3時間以内に症状に苦しめられるようであれば、この病気が強く疑われます。
このような症状の脳脊髄液減少症と似た病気に『むち打ち症』があります。その大半は半年間で治るとされていますが、慢性的なむち打ち症は不治の病ともいわれています。ところが最近、『慢性的なむち打ち症が治る!』と話題になりました。
しかし、それは正確ではありません。正しくは、慢性的なむち打ち症と診断されていた人の中に、本当は脳脊髄液減少症と診断されるべき患者がいた、ということなのです。
むち打ち症と診断された人のうち10%程度がそうなのでは、と推測されています。起き上がると頭痛がする『起立性頭痛』を訴えて受診する人も、やはり10%程度は脳脊髄液減少症と思われます。
患者はもちろん、医師さえも十分認識していない脳脊髄液減少症とは――。
その名称にあるとおり、頭の中の脳脊髄液が減少することで、さまざまな症状を引き起こす病気です。この頭の中にある脳脊髄液は無色透明で、脳はこの液の中に浮いている状態です。
この液が減少する原因としては、以下の3つが考えられます。

(1)髄液の産生低下
(2)髄液の吸収過多
(3)髄液の漏れ


最も多い原因は(3)の「髄液の漏れ」です。何らかの原因でくも膜に裂け目なりができて、漏れているのです。その何らかの原因としては、「交通外傷」「頭を打った」「スポーツ外傷」「転倒して尻もちをついた」「出産」などがあるものの、まったく原因が分からないケースも多いのが現状です。
治療には「保存的治療」と「ブラッドパッチ治療」とがあります。
保存的治療とは十分な水分を摂取してベッドでの安静を保つ方法です。自然治癒するケースが90%程度もあるからです。
保存的治療で効果がないときは入院してブラッドパッチ治療が行われます。この治療法では局所麻酔を行ったあと、エックス線透視下で脳脊髄液の漏れている近くに針を刺します。そして、患者の腕から摂取した血液に造影剤を混ぜ、刺しておいた針から注入します。すると、血液が漏れているところで凝固し、漏れを止めるのです。
効果は早く出る人で治療後数時間。一般的には平均1カ月くらいといわれています。専門医と十分に話し合い、よりよい選択をすべきでしょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る