vol.61 新しい禁煙補助薬の実力

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.61 新しい禁煙補助薬の実力 今年5月8日、待望の飲む禁煙補助薬『チャンピックス』が日本でも発売されました。すでに世界60カ国で500万人以上が使用しているとあって、ここでも日本の対応の遅れが目立ちます。
たばこは多くの病気の原因となっているにもかかわらず、その喫煙率は、日本の男性では41.3%、女性では12.4%であるのに対し、ドイツの男性 29.8%、女性19.1%、イギリスの男性25.0%、女性23.0%、アメリカの男性19.1%、女性14.9%‥‥と日本の男性の喫煙率は先進国の中ではきわめて高いのです。欧米並みに喫煙率を下げ、健康被害をより少なくするためにも、禁煙成功への道は多ければ多いに越したことはありません。
ニコチン依存症の人が禁煙を始めると不愉快なニコチン離脱症状(イライラ、不安感、欲求不満、ニコチン渇望感、集中困難etc.)が出てきます。その症状を消失させるためにニコチンをたばこ以外の『ニコチンガム』『ニコチンパッチ』によって補給し、次第に量を減らしていって2カ月で依存症を治すというのがこれまでの『ニコチン置換療法』でした。
一方、チャンピックスはニコチンをまったく含まず、ニコチンに頼らない初めての飲む禁煙補助薬です。
たばこを吸ってニコチンが体内に入ると、神経細胞に存在するα4β2ニコチン受容体に結合します。すると、神経伝達物質の一種であるドーパミンが放出され、その働きによって“快感”が得られます。それが喫煙行動の強化に結び付き、依存症につながるのです。
チャンピックスの成分バレニクリンは、α4β2ニコチン受容体に結合してニコチンの結合を妨げます。それが、喫煙による満足感を抑制するのです。
そのため、日本での臨床試験では、きわめて良い結果が出ています。9~12週の禁煙成功率は65.4%、プラセボ群(偽薬)の39.5%を大きく上回りました。 実際の治療方法は、まず、初診時に必要な検査を行い、禁煙開始予定日を決めます。その1週間前からチャンピックスの服用を始めます。1~3日目は 0.5mg錠を1日1回食後に服用。4~7日目は0.5mg錠を1日2回、朝・夕食後に服用。ここは助走期間です。この助走期間中はたばこを吸っていてもかまいません。ただし、体験者によると、助走期間の3日もすると「たばこを吸っても美味しいという感じがなくなる」そうです。
そして、8日目から禁煙開始に入ります。ここからは1mg錠を1日2回、朝・夕食後に服用。これを11週間続けます。トータルするとチャンピックス服用期間は12週間になります。
チャンピックスはニコチンガム、ニコチンパッチと一緒に使うことはできませんが、ガムやパッチで失敗した人には、さらに禁煙成功へのチャンスができたことになるので、ぜひチャレンジしてみるとよいでしょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る