vol.77 若い人も安心できない帯状疱疹

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.77 若い人も安心できない帯状疱疹 帯状疱疹は、子どもがかかる水疱瘡(みずぼうそう)を引き起こすVZV(水疱・帯状疱疹ウイルス)の再活性化によって起こる病気です。VZVの再活性化は免疫力の低下したときに起きるため、多くの人々は60代、70代といった高齢者の病気と思っているようです。
ところが、高齢者の病気とばかりはいっていられない調査結果が、このほど宮崎県皮膚科医会から発表されました。
1997年から2006年にかけて行われた「帯状疱疹に関する大規模疫学調査(宮崎スタディ)」では、10年間にわたって県内の患者、48388人のデータを解析しました。
10年間の発症率の平均は人口1000人あたり4.15人。1997年と2006年では、3.60と4.55で、この10年で発症率は大変増加しているのです。
年齢別の発症率は、0-9歳2.45、10-19歳2.86、20-29歳2.27、30-39歳1.96、40-49歳2.53、50-59歳 5.23、60-69歳6.95、70-79歳7.84、80-89歳6.93、90歳以上5.37。ピークとなるのは50-70代ですが、山は二つあり、もう一つは10代の2.86です。10代という若い年代に多いことについては分析はなされていませんが、ストレスによる免疫力の低下が原因になっていると思われます。また、ストレスが多いと思われる30代が少ないのは、30代の人々は水疱瘡の子どもと接する機会が多く、それがブースター効果(追加免疫効果)となっているのではないか、と考えられています。
今、増加している帯状疱疹の治療はVZVの増殖を抑える抗ウイルス薬の投与が中心。帯状疱疹は免疫力の低下が大きく関係しているので、抗ウイルス薬投与中は安静にするのが基本です。状態によっては入院も必要です。激しい痛みを伴うような場合には、鎮痛剤を的確に使うのも重要です。
若いから帯状疱疹はない・・・ではなく、ピリピリ、チクチクした痛みが起こり、4、5日後に身体の左右どちらかの神経にそって帯状に赤い斑点と水疱ができたら、すぐに皮膚科へ。赤い斑点ができて72時間以内に治療を行うのが鉄則。後遺症を防ぐことにつながります。
後遺症のひとつが帯状疱疹後神経痛(皮膚の症状が消えても激しい痛みが残る)で1、2年、長い場合は10年近くも苦しめられることもあります。そのほかにも、髄膜炎、角膜炎、耳鳴り、めまい、顔面神経まひ、排泄障害、排尿障害などが生じることもあります。
生涯に日本では6人に1人が、アメリカでは3人に1人が経験するといわれます。そのため、アメリカでは60歳以上に対して帯状疱疹ワクチンが認可され、接種が推奨されています。ワクチン予防接種試験で帯状疱疹の発症を約51%減少できたからです。また、帯状疱疹後神経痛は約66%減少できました。
日本では帯状疱疹ワクチンは認可されてませんが、水痘ワクチンに同じ予防効果があると期待されています。事実、EU諸国など30カ国以上で帯状疱疹の予防を目的として水痘ワクチンの接種が行われています。日本で受けるには、帯状疱疹に詳しい医師に相談しましょう。自由診療になり、費用は1万円程度といわれています。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る