vol.79 子宮頸がんは予防時代に!

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.79 子宮頸がんは予防時代に! 日本人の死因第1位はがん。2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とす時代です。このような状況で唯一、予防できるようになったがんがあります。子宮頸がんです。予防ワクチンの導入により、約70%の割合で予防が可能になりました。
子宮がんには子宮の奥にできる「子宮体がん」と、子宮の入口部にできる「子宮頸がん」があります。子宮体がんは女性ホルモンが大きく関係し、子宮頸がんは発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)の持続的感染が原因となって発症します。
HPVは皮膚や粘膜に存在し、イボをつくるごくありふれたウイルスで、100種類以上の違ったタイプがあります。しかし、それらがすべて子宮頸がんの原因になるのではなく、原因となるのは16型、18型を中心に15種類ほどです。HPVは性行為を介して子宮頸部に感染するものの、それ自体はけっして特別なことではなく、性交経験のある女性であれば80%の人が、生涯に一度は感染している、といわれています。だからこそ、日本でも年間約1万5000人が子宮頸がんを発症し、約3500人が死亡しているのです。とりわけ、20代、30代の女性での発症率は最も高くなっています。
子宮頸がんの原因となる、HPVの感染を予防するワクチンができ、日本では2009年10月に承認され、12月22日に発売が開始されました。
この子宮頸がん予防のワクチンはHPV16型と18型に限って予防するワクチンなので、子宮頸がん予防率は100%とならず、約70%なのです。
接種は3回で1セットです。初回接種、それから1カ月後に2回目の接種、初回から6カ月後に3回目の接種。腕の筋肉内に注射します。予防効果を得るにはきちっと3回接種するのが重要です。予防ワクチンなので保険の対象外で、1回1万2000円、3回で3万6000円。これに診療費、接種手技、手数料が別途かかるので、1セット4万円はするようです。
子宮頸がん予防ワクチンは、日本では「11歳から14歳の女児に接種すると効果的」「成人女性にも有効」「安全性が高い(副作用は少ない)」とされています。
子宮頸がんを予防するとあって、イギリス、オーストラリアなど世界の26カ国では公費負担、補助が行われています。日本でも当然同じような負担が行われるべきでしょう。
日本で公費負担をまっ先に決定したのは新潟魚沼市。2010年4月から行うことを発表しました。この動きが国主導で一日も早く広がることを、多くの人々が期待し、待っていると思います。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る