vol.8 ピロリ菌除菌で胃がんのリスクを減らそう!!

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.8 ピロリ菌除菌で胃がんのリスクを減らそう!! 2003年9月26日に名古屋市で開かれた日本癌学会総会で、ピロリ菌を除菌すると胃がんの発生が43%以下に抑えられることが、北海道大学大学院医学研究科の浅香正博教授らが行った全国調査で明らかになりました。
ピロリ菌は、正式にはヘリコバクター・ピロリという細菌で、胃の強い酸の中でも生きられます。このピロリ菌が胃に住みつくと、慢性胃炎を引き起こし、さらにストレスが強くかかると胃・十二指腸潰瘍に。そして慢性胃炎が続くと、多くの人は萎縮性胃炎になり、胃がんが発生しやすくなります。
浅香教授らは全国26施設で、2,825人の早期胃がんで内視鏡手術を受けた患者さんの協力を得て、ピロリ菌除菌の有無と術後3年目の身体状況を調査しました。その結果、除菌をしなかった人2,469人のうち5.2%にあたる129人が胃がんを再発していました。 一方、除菌を行った人は356人。このうち2.2%にあたる8人が胃がんを再発。除菌した人の胃がん発生率は除菌しなかった人の42.3%に抑えられることがわかりました。つまり、ピロリ菌の除菌は胃・十二指腸潰瘍だけではなく、胃がんの予防にも大いに効果があることが裏付けられたのです。

ところが、ピロリ菌の除菌は、胃・十二指腸潰瘍の治療手段としての除菌には保険が認められているものの、胃がん予防を目的とした除菌では認められていません。
それは、日本人のピロリ菌感染者があまりにも多いからです。50歳以上の人々では80%、10代・20代では10%程度、平均すると50%の人が感染しているといわれています。ピロリ菌は経口感染し、衛生状態の悪い時代に育った50代以上の人に感染率が高くなっているのです。

除菌方法の流れ

※保険が適用されなくても胃がん予防で除菌しようという人のために、除菌方法の流れを紹介しましょう。(除菌費用は3万円程度ですが医療機関により異なります)

以上の流れです。除菌成功率は80~90%になります。ピロリ菌の除菌が成功すると、胃粘膜が健康になるため、逆流性食道炎が10人に1人程度の割合でみられるようになります。また、食欲が増すので糖尿病、高脂血症といった生活習慣病に気をつけていただきたいものです。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る