高血圧による脳・心血管疾患の発症ゼロへ

血圧ラボ 血圧基礎知識編血圧の基本

低血圧のリスク

低血圧の種類と症状

低血圧症は女性に多く、内臓下垂、月経不順、ストレスがたまりやすいなどの症状があらわれます。
低血圧症には以下の二つがあります。

<起立性低血圧症>
めまい、立ちくらみ、一過性の視力障害、失神などが、症状としてあらわれます。また胸部不快感、激しい動悸、息苦しさなどがあったら、冠状動脈虚血症という病気の疑いもあります。いずれも医師の診察を受け、治療を行う必要があります。

<本態性低血圧症>
単に血圧が低いだけで、まったく自覚症状のない低血圧症です。治療によって無理に血圧を上げる必要はありません。

日常生活では、次のようなことに留意しましょう。
規則正しい生活をし、バランスのとれた食事を心がける。
毎日、適度に運動をする。マッサージ、温浴も効果的です。
睡眠不足はよくありません。タバコ、コーヒー、紅茶などもほどほどにしましょう。
【オムロン血圧手帳より抜粋】

PAGE TOP