2015.01.07

オムロンヘルスケアとジェイアイエヌ(JINS)が、
ヘルスケア分野での共同開発プロジェクトを発足

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:宮田喜一郎、以下当社)と株式会社ジェイアイエヌ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 仁、以下JINS)は、拡大が予想されるヘルスケア市場のセンシング・ニーズに対応するため、2016年春の商品化をめざし、JINSのセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ ミーム)(*1)」をプラットフォームとした新ソリューションの開発に向けた共同プロジェクトを発足いたします。

高齢化の進行、生活習慣病患者・予備群の増加など、ヘルスケアニーズが高まりを見せる中、豊富な生体データを"常時"かつ"手軽に"取得することのできるウエアラブルデバイスに対する期待は急速に高まっています。特に、五感の9割以上を占める頭部の24時間センシングの実現については、早い段階から潜在的な病気や怪我の予兆を察知し、積極的な健康管理の実践をめざす「先制医療」の発展を推し進めるうえで、大きな貢献が期待されます。

JINSと当社は、JINSが2015年秋に発売する予定の「JINS MEME」に当社が保有する生体計測・解析技術を応用することで、ヘルスケア分野における新たな付加価値創造をめざし、「JINS MEME」をプラットフォームとした拡張型デバイスの共同開発を進めていきます。

  • *1「自分を見る」をコンセプトに開発された世界初のセンシング・アイウエア。メガネとしての形状・機能はそのままにJINSが独自に開発した三点式眼電位センサー(特許取得済)と六軸センサーを通じて、眠気や集中度、体のバランスなど、従来のウエアラブルにないユニークな生体データ(DEEP DATA)の取得が可能となっている。開発段階から他のセンシング・デバイスとの連動を見据え、追加的な開発による機能拡張が可能な設計となっている。


このページの先頭へ戻る