2019.03.27

健康管理アプリ「OMRON connect」(オムロン コネクト)に測定結果を家族などに共有できる新機能「血圧お知らせ定期便」を追加 離れて暮らす家族の測定結果を毎週メールでお知らせ - 4月2日提供開始 -

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)は、スマートフォン向け健康管理アプリ「OMRON connect」(オムロン コネクト)の新機能として、血圧の測定結果を家族など最大3人と共有できる「血圧お知らせ定期便」の提供を4月2日から開始します。

近年、65歳以上の者の「単独世帯」は増加傾向にあり、平成元年の14.7%から平成28年度では27.2%となり、約1.9倍に増加しました。また、65歳以上の単独世帯のうち、同居の子がいる世帯は38.5%に留まり、「別居の子のみありの者」における子の居住場所では、87.5%が同一家屋および同一敷地外となっています*1。これらの世帯構造と居住形態の変化を背景に、離れて生活する家族の安否や健康状態を共有したいというニーズが高まっています。

  • *1厚生労働省 国民生活基礎調査(平成28年度)

このたび提供を開始する「血圧お知らせ定期便」は、毎日の血圧測定の結果を1週間に1回、指定した送付先最大3件にメールでお知らせできる機能です。これにより、日々の血圧の測定結果を、測定者と離れて暮らす家族などが共有して、健康状態を確認することができます。さらに、測定者は測定結果や測定実施状況に応じて結果共有者からの働きかけを得ることができるので、測り忘れや血圧測定の中断を減らす効果が期待できます。

高血圧症は、脳卒中や心筋梗塞といった脳・心血管疾患の原因といわれており、日本人の主な死因の第2位と第3位*2であるだけでなく、寝たきり(要介護5)の原因第1位*3となっています。当社は、高血圧に起因する脳・心血管疾患の発症(イベント)をゼロにする「ゼロイベント」を事業ビジョンに掲げて、高血圧症の予防・改善の実現に取り組んでいます。今回の「血圧お知らせ定期便」の提供を通じて、日々の血圧測定結果の共有することで、測定者の意識向上と周囲の人のサポートによる継続性の高い血圧管理を実現していきます。

  • *2厚生労働省平成29年(2017)人口動態統計(確定数)
  • *3厚生労働省 国民生活基礎調査(平成28年度)

「血圧お知らせ定期便」の主な特長 

1. 指定したアドレス最大3件に測定結果レポートが毎週届く
測定結果を共有したいメールアドレスを3件登録して、測定結果を共有することができます。登録したメールアドレスには、毎週日曜日に1週間の測定結果レポートが届きます。

配信イメージ
※配信イメージ

2. 直前の1週間分の測定結果をお知らせ
毎週日曜日に、前回の日曜日から土曜日まで7日分の測定結果レポートが届きます。
レポート項目は下記の通りです。

  1. (1)測定日
  2. (2)測定日ごとの目標達成度
    自分が設定した目標血圧値を超えたかどうかをアイコンで表示します。
  3. (3)朝と晩の測定結果
    朝(4:00~11:59)と晩(19:00~翌1:59)の測定値の平均を表示します。
  4. (4)測定回数
    各測定日の測定回数の合計値を表示します。

週間レポート例
※週間レポート例

主な仕様

機能名称: 血圧お知らせ定期便
送信先: 最大3件
送信元: OMRON <noreply@bp-management.com>
送信方法: 日曜日 昼間(12:00-15:00)に順次配信 ※時間指定不可
算出期間: 前日曜4:00~土曜25:59までの測定値
(例)9/2(日) 4:00 ~ 9/9(日) 1:59 → 9/9(日) 12:30配信される
送信仕様: HTMLメール
送信内容: 1週間の測定実施状況
週間カレンダー
朝晩達成度の色を表示した円グラフ
平均値(カラーなし)
日ごとの測定回数 X回(該当日2:00~翌1:59の測定回数)

オムロンコネクトの説明

OMRON connect(オムロンコネクト)は、スマートフォンに最新の健康データを簡単に転送する無料のアプリケーションです。オムロンの健康機器で測定した血圧や体重、歩数のデータをお手持ちのスマートフォンで簡単に管理することができます。データはBluetooth通信でスマートフォンに転送され、グラフで確認できるので身体や歩数の変化傾向がわかります。

血圧お知らせ定期便について
https://www.omronconnect.com/jp/ja_def/bpdiary/

このページの先頭へ戻る