2019.10.31

洗浄が不要でいつでも清潔。使い捨てタイプのメッシュ部を採用した「オムロン メッシュ式ネブライザNE-U200」を発売

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)は、薬液を霧状にするメッシュ部に使い捨てタイプの樹脂メッシュを採用した「オムロン メッシュ式ネブライザ NE-U200(以下NE-U200)」を11月7日から発売します。

ネブライザは、ぜん息や気管支炎の治療薬を吸入するために使用する治療器です。ネブライザは、一回に霧化できる薬液量が多く医療機関で使用されている大型のネブライザ、主に自宅でも使用される卓上型のコンプレッサー式ネブライザ、軽量、小型で持ち運びに便利なメッシュ式ネブライザの3種類に分類されます。メッシュ式ネブライザは、微細な穴加工が施されたメッシュ部に薬液を通過させることで、約5マイクロメートル*1の粒子状にして噴霧する方式のネブライザで、噴霧部の構造が小さく本体を小型化できることが特徴です。そのため、持ち運びが容易で旅行や外出時の携帯性に優れており、外出先で起こる突然のぜん息発作の治療に役立ちます。一方で、薬液の霧化に必要なメッシュ部は極小の穴が網目のようにあいている構造で繊細なため、毎使用後に必要な洗浄時に誤って破損しまうケースや洗浄不足による目詰まりで噴霧量が低下するといったケースがあり、取り扱いに注意が必要でした。

  • *1マイクロメートルは1ミリメートルの1000分の1

このたび発売するNE-U200は、使い捨てのタイプのメッシュ部を採用したネブライザです。従来、金属製だったメッシュ部を新開発の樹脂製の使い捨てタイプに変更することで、一回ごとの交換を可能にしました。これにより、吸入後に必要だったメッシュ部の洗浄が不要になり、使い勝手を大幅に向上させました。また、毎回新しいメッシュ部を使用できるため、洗浄不足による目詰まりや雑菌の繁殖を気にすることなく清潔な状態で使用可能としました。

オムロン メッシュ式ネブライザ NE-U200

<オムロン メッシュ式ネブライザ NE-U200>

主な特長

1. 毎回新品に交換できる使い捨てメッシュ部を採用

新開発の樹脂製使い捨てメッシュ部の採用で、毎使用後に必要だったメッシュ部の洗浄が不要になり、お手入れが簡単になりました。また、毎回新品のメッシュ部を使用するため、いつでも清潔な状態で使用することができます。

メッシュ部

<メッシュ部>

メッシュ部の取り替え

<メッシュ部の取り替え>

【ご参考】メッシュ部の拡大イメージ

【ご参考】メッシュ部の拡大イメージ

2. 本体を傾けても使用可能

乳児を抱きかかえた状態や、横に寝かせた状態で本体を傾けても使用できます。

本体を傾けても使用できます

<本体を傾けても使用できます>

3. 携帯性に優れたデザイン

本体重量110g(電池含まず)と軽量で、単3乾電池2本で使用できるので外出時の携帯性に優れています。

4. 運転音が気にならない

メッシュ式ネブライザは超音波振動子の振動を利用して薬液を送り出す方式ため、コンプレッサー方式のネブライザに比べて運転音が小さく、25dBA*2以下とほとんど気になりません。そのため、外出先や家族が寝静まった夜でも、周囲を気にすることなく使用できます。

  • *220dBAは木の葉のふれあう音程度

■販売目標

オムロン メッシュ式ネブライザ NE-U200  1万台(発売後1年間)

■仕様

販売名 オムロン メッシュ式ネブライザ  NE-U200
電源 AC100V 50-60Hz 8VA(専用AC アダプタ使用)、
DC3V(単3形アルカリ乾電池2個)またはDC 2.4V(単3形ニッケル水素電池2個)
噴霧粒子径 MMAD 約5μm*3
噴霧能力 0.25~0.9 mL/min*4
薬液ボトル容量 10mL
動作音 25dBA以下
外形寸法 幅約 45 ×高さ約125 ×奥行き約 70 mm*5
本体質量 約110g(電池含まず)
付属品 薬液ボトル、使い捨てメッシュ(30個)、マウスピース、お試し用電池(単3形アルカリ乾電池2個)、吸入マスク(M) (PVC)、収納ケース、取扱説明書、クイックマニュアル、医療機器添付文書
医療機器分類 一般医療機器
医療機器届出番号 26B1X10002000043
  • *3EN13544-1:2007, ISO27427:2013 に基づく社内データの代表値(NEXT GENERATION IMPACTOR (NGI) にて測定)。NaF水溶液3mLを用いて測定。
  • *4水温23℃、0.9%の生理食塩水(3mL)を30°の噴霧角度で測定した社内データの代表値
  • *5薬液ボトル、メッシュキャップ、マスクアダプタを本体に装着
このページの先頭へ戻る