2021.05.18

オムロン ヘルスケア協賛 日本高血圧学会
「高血圧に関する川柳・標語コンテスト2021」受賞作品の結果発表

LINEで送る 年度別一覧に戻る

特定非営利活動法人日本高血圧学会(理事長:楽木 宏実)・特定非営利活動法人日本高血圧協会(理事長:島本 和明)が主催し、オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)が協賛する、「高血圧に関する川柳・標語コンテスト2021」の受賞作品が決定しました。受賞作品は、世界高血圧デー*1にあたる5月17日に日本高血圧学会のホームページで発表されました。

「高血圧に関する川柳・標語コンテスト」は、一般市民の血圧と健康に関する意識向上を目的に、日本高血圧学会と日本高血圧協会が協力して2016年より実施している取り組みです。本取り組みでは、応募時に高血圧に関してあらためて考えてもらうだけでなく、受賞作品を日本高血圧学会のホームページやイベント等で発信することで生活習慣の改善や健康づくりにつなげていきます。

今回は、川柳4,908作品、標語総数1,867作品の合計6,775作品の応募がありました。6回目となる今年は、前回まで同時開催していた高校1,2年生を対象としたチームで応募する「川柳・標語甲子園」を、中学1年生以上、23歳以下を対象とした「U-23チーム部門」に変更し、さらに若い方々にも参加可能な企画として実施しました。

当社は、循環器疾患事業のミッションとして「脳・心血管疾患の発症ゼロ(ゼロイベント)」を掲げその実現に取り組んでいます。今回の協賛により、多くの人に親しまれている川柳や標語を通じて高血圧に関心を持っていただく機会を増やし、家庭での血圧測定の普及、高血圧予防・改善に貢献していきます。

2021年の受賞作品

■川柳受賞作品

最優秀作品 「めんどう」を「うんどう」に換え正常値 (ちゃめっけ魔人 様)
日本高血圧学会賞 徒歩通勤 血圧下げて 密避けて (メタボパパ 様)
審査員特別賞 怠ければ 自滅の刃 自己管理 (能天気 様)
優秀賞 「運動」と親の意見は後で効く (かがちの風 様)
オムロン ヘルスケア賞 朝晩に エールをくれる 血圧計 (ナオミ 様)
入選 いい機会 塩もついでに 自粛する (和泉元 良彦 様)
5G(g) 子供スマホで 俺ソルト (チュー犬ジョン 様)
画面越し 孫は小さな 測定員 (きょっぴー 様)
塩・糖・脂 3密避けて ディスタンス (黄金虫 様)

■標語受賞作品

最優秀作品 その塩分 不要不急です! (たくみ 様)
日本高血圧協会賞 減塩運動 町へ社会へ 我が家から (森野コトリ 様)
審査員特別賞 私、しょっぱいしないので (恵子 様)
優秀賞 「いまさら」を 「いまから」にする 血圧計 (やーくん 様)
テレメディーズ賞*3 かける < つける < さける (ゆみはん 様)
入選 「お控えなすって、親分」「それを言うなら、塩分だ」 (矢野 龍王 様)
ナトリウム 管理で血圧 ゆとりうむ (コタラフ 様)

■U-23チーム部門

奨励賞:小林看護医療専門学校 様 あなどれない 未来が変わる 自己管理
リモートで バレてしまった リバウンド
昼の鐘 祖父への合図 血圧測定
自己管理 未来を決める 第一歩

受賞作品は、下記からもご覧いただけます。

■日本高血圧学会ホームページ
https://www.jpnsh.jp/info_senryu.html

  • *1世界高血圧デー:World Hypertension Day
    世界高血圧デーは、高血圧とその管理に関する啓発を目的として、国際高血圧学会の一部門である世界高血圧リーグ*2により2005年に創設されました。日本ではその日、5月17日を、「高血圧の日」と制定しております。
  • *2世界高血圧リーグ:World Hypertension League
    世界高血圧リーグは1984年に設立。高血圧の危険性と高血圧がもたらす深刻な病気や合併症についての知識を一般市民に伝えるよう世界各国の団体に推奨し、予防と発見、治療に関する情報を提供しています。
  • *3本コンテストの協賛企業で、高血圧治療に特化したコンシェルジュサービスを提供する一般社団法人テレメディーズが協賛する賞です。
このページの先頭へ戻る