vol.144

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

60代男性です。最近よくいわれる「健康寿命」を延ばすために、日常生活でできることはあるでしょうか?

A回答

生活習慣を適正に保ち、病気の予防に気を配れば、延ばすことも可能です。
健康寿命とは、日常生活に支障がなく、文字通り健康で自立した生活を送ることが可能な期間を指します。現在、日本の平均寿命は世界的にみても長く、女性は86.61歳、男性は80.21歳となっています(厚生労働省「簡易生命表」2014年7月31日発表より)。しかし健康寿命は、2013年の発表では女性が74.21歳、男性が71.19歳。平均寿命との差は女性が約12年、男性が約9年もあり、人生の終盤にかなり長い期間、不健康な期間が生じることが明らかになっています。
健康寿命と平均寿命の差が拡がれば、それだけ医療費や介護給付費もかかることから、社会費用負担の面から対策が望まれていますが、なにより個々人においては、できる限り生活の質が高い生活を、長く送りたいものです。

健康寿命に関連する大きな要因は、脳卒中、認知症、老年症候群です。加齢に伴い、心臓の力が弱まることなどによって、高血圧動脈硬化も進行します。しかし、それには個人差があるので、ある程度遅らせることも可能です。まずは、できる限り早い時期から不健康な生活をあらためて、食生活に気を配り、適度な運動を行うなど健康な生活習慣を確立するように努力しましょう。また、常日頃から健康増進や発病予防といった、一次予防の考え方を持って生活することも重要です。
健康診断などの結果を真摯にとらえ、適切に受診と治療を行えば、健康寿命を延ばすことにもつながるでしょう。


【関連コラム】

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る