vol.165

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病による死亡率に地域差はありますか?

A回答

都道府県別の糖尿病による死亡率をみると、地域による差がみとめられます。
厚生労働省発表の「平成27年人口動態統計月報年報」によると、糖尿病の死亡率(人口10万人対)は全国平均が10.6%であり、ワースト1位は「青森県(18.2%)」で、2位「秋田県(16.3%)」、3位「香川県(16.1%)」、4位「鹿児島県(15.0%)」、5位「徳島県(14.9%)」の順となっています。逆に、最も糖尿病の死亡率が少ないのは「神奈川県(7.2%)」でした。

こうした地域による差を説明する要因として、地域における生活習慣の違い(野菜をあまり食べない、甘い物が好き、車社会で歩かない、など)、地域における糖尿病に対する認識の違い(糖尿病は怖い病気、自覚症状がないので大丈夫、合併症が出たら医療機関を受診、など)、地域における糖尿病対策の違い(糖尿病予防キャンペーン、糖尿病予防教室、など)などによって生じると考えられます。

青森県が行った糖尿病に関する調査によると、「他都道府県に比べ、糖尿病が重症化してはじめて生活習慣の改善や情報収集に取り組む例が多い」、「糖尿病が重症化してはじめて治療する人が多い」、「網膜症、腎症、神経障害を合併している割合も、他地域と比べて高い」といった特徴が認められたそうです。さらに青森県保険医協会が実施した受診実態調査では、金銭面を理由に糖尿病の治療を中断する人も多く認められています。
逆に、糖尿病による死亡者数が一番少ない神奈川県では、薬局などで「糖尿病連携手帳」という複数の医療機関(かかりつけ医、専門医、歯科医、眼科医など)を受診する際の連携に役立つ手帳が配布されていたり、糖尿病予備群と指摘された人たちに対し、早期から食事指導などを行うといった取り組みが行われています。

地域によって、食事や生活パターンは異なります。地域にあった糖尿病予防を目指した取り組みができるようになるといいですね。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る