vol.187

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

テレビの健康番組でアディポネクチンという物質がメタボに関係があると紹介されていました。詳しく知りたいのですが。

A回答

脂肪細胞から分泌される「善玉アディポカイン」であるアディポネクチン。内臓脂肪が増えるとメタボリックシンドロームや動脈硬化を予防するアディポネクチンが減少してしまいます。生活習慣の改善でアディポネクチンの上昇に取り組んでみては、いかがでしょう。
近年、脂肪細胞はエネルギーを貯蔵するだけの臓器ではなく、ホルモンなどの物質を出す分泌臓器であることがわかってきました。それらを総称してアディポカインといいます。
アディポカインには、動脈硬化を進める方向に働く、TNFαなどのいわゆる「悪玉アディポカイン」と、それとは逆に、予防的に働くアディポネクチンの「善玉アディポカイン」があり、テレビの健康番組や雑誌などで話題となりました。ヒト成人の脂肪細胞の大きさは70~90ミクロンくらいなのですが、食べすぎると余分なエネルギーが脂肪細胞にたまり、大きくなります。脂肪細胞が大きくなると、善玉アディポカインであるアディポネクチンの分泌が少なくなります。特に、内臓脂肪が蓄積するとアディポネクチンが減少することが知られています。内臓脂肪が蓄積して、血糖・血圧・脂質に異常をきたすメタボリックシンドロームではアディポネクチンの分泌が低下しています。また、アディポネクチンにはインスリンの効きをよよくしたり、脂質異常や慢性炎症を抑える働きもあります。そのため、最近では認知症や脂肪肝との関連にも注目が集まっています。
では、このアディポネクチンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか? 巷のアディポネクチン分泌促進サプリメントには明確なエビデンスはありません。内臓脂肪を減らすことが最も効果が高く、禁煙、魚油を積極的にとる健康的な食事、運動、睡眠不足の解消なども効果がありそうです。ポッコリお腹が気になる人は、内臓脂肪の減少にトライしてみてはいかがでしょう。
参考
1. Achari AE, Jain SK: Adiponectin, a Therapeutic Target for Obesity, Diabetes, and Endothelial Dysfunction. Int J Mol Sci. 2017;18(6).
2. Ng RC, Chan KH: Potential Neuroprotective Effects of Adiponectin in Alzheimer's Disease. Int J Mol Sci. 2017;18(3).
3. Wu JH, Cahill LE, Mozaffarian D: Effect of fish oil on circulating adiponectin: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. J Clin Endocrinol Metab. 2013;98(6):2451-9.
4. Sirico F, Bianco A, D'Alicandro G, Castaldo C, et al: Effects of Physical Exercise on Adiponectin, Leptin, and Inflammatory Markers in Childhood Obesity: Systematic Review and Meta-Analysis. Child Obes. 2018;14(4):207-217.

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る