vol.43

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

妻から、寝ているときにいびきがとまっていると指摘されました。これは何かの病気なのでしょうか。

A回答

いびきとともに呼吸も止まることが一晩に頻繁に起こる場合、睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。病院で医師に相談しましょう。
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上起こる病気です。十分な睡眠が取れないため、睡眠不足から注意力や集中力を欠き日常生活に影響を及ぼす他、心臓病などの重大な病気を合併することもあります。

睡眠時無呼吸症候群の多くは、気道の閉塞によって起こります。気道の閉塞は、肥満に伴う首周りの脂肪沈着、扁桃肥大、アルコール摂取による気道の炎症などが原因で起こります。気道が狭くなると、一晩に呼吸が止まる状態が数十回、多いときには数百回続き、体内の酸素が不足します。その結果、心臓や肺に負担がかかり、心臓病や呼吸器疾患を引き起こす可能性が高まるのです。また、日中の強い眠気は、交通事故や労働災害を引き起こす可能性もあることから、看過できない疾患です。

睡眠時無呼吸症候群発見のきっかけとなる主な症状は大きないびきとその停止です。また、息苦しさから睡眠中に手足をバタつかせたり、頻繁に体位を変えたりします。さらに、酸素不足からくる起床時の頭痛や、日中の強い眠気、睡眠不足に伴う疲労感からくるうつ症状などもみられます。これらの症状を家族から指摘されたり、起床時の症状を自身で感じたりした場合には、早めに医師に相談しましょう。

睡眠時無呼吸症候群の治療は、睡眠時の気道を確保するためのマウスピースの装着や、睡眠時に鼻から自動的に空気を送り込むマスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)の使用、外科手術などで行います。また、肥満の場合は体重を落とす、枕を低くする、横向きに寝る、飲酒を控えるなど、生活習慣を修正することで、症状が改善する場合もあります。


【関連コラム】

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る