vol.149 我慢してはいけない!「神経障害性疼痛」

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.149 我慢してはいけない!「神経障害性疼痛」

腰痛、肩こり、頭痛など、日頃感じる痛みはさまざまです。日本人の約20~30%がなんらかの痛みを感じているといわれています。その中で重症の慢性痛とされているのが「神経障害性疼痛」。組織の損傷や病気による皮膚の症状が治っても神経が痛みを起こす病気で、代表的な疾患が「帯状疱疹後神経痛」です。帯状疱疹は、子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルスが体内に潜んで、ストレスや加齢などで免疫機能や体力が低下したときに活動を始めて発症します。皮膚にできた水疱は経過とともによくなりますが、皮疹が治った後も痛みが残って長く続くことがあります。慢性の痛みや治療に詳しい日本大学総合科学研究所の小川節郎教授は、「帯状疱疹がよくなっても皮膚がピリピリするときは、99%帯状疱疹後神経痛の可能性があります。
また、最近では糖尿病を長く患って痛みやしびれが出る糖尿病性神経障害や、脊柱管狭窄症が治った後に足にビリビリと響くような痛みを訴える人が増えています。これらも神経障害性疼痛です」と話します。

精神的なストレスが脳の機能を低下させる

神経障害性疼痛は、神経が傷つくことによってその支配領域の感覚に異常が起こる病気です。「触っただけで痛い」、「砂利を踏んでいるようだ」など、通常とは異なる感覚が現れます。難治性でその原因や病態はわかっていませんが、中枢機能に解明の糸口があるのではないかと注目され始めています。
痛みが起きると私たちの脳では、それに反応してモルヒネに似た物質を出して痛みを抑える機能があります。ところが、非常に強い精神的なストレスを受けると痛みを抑える脳の機能が低下して、痛みを強く感じるようになります。神経障害性疼痛や線維筋痛症は、不安、怒り、暴力など慢性のストレスによって、痛みを抑えようとする脳の機能が障害される「中枢機能障害性疼痛」が病気の本体ではないかといわれているのです。
痛いから動かない。すると筋肉が弱くなり、さらに痛みを強く感じるようになります。痛い、嫌だと逃げていると痛みの悪循環に陥って、痛みを抑える脳の機能がますます機能しなくなるのです。そのため、回避的な思考をどこかで打ち切ることが重要だと小川教授は指摘します。「いつも痛いと言って暗い顔をしていた患者さんが、あるとき外来で、『私、考え方を変えたのです。痛いけどハワイに行ってきました』とお話しになって、それから痛みがよくなっていきました。自分の回避的な思考に気づいて、変えることはなかなかできないことですが、痛みを納得して目標をつくることでよくなっていくことがあります」。

薬だけに頼らずに、好きなことで体を動かそう

神経障害性疼痛の治療では、三環系抗うつ薬やプレガバリン(商品名リリカ)が広く使われています。ただし、眠気、ふらつき、頭がぼーっとするといったの副作用があり、痛み以上の深刻な問題と指摘されています。痛い、痛いと訴えると薬の量や種類が増えて、副作用によって生活の質が低下しやすくなるため、薬だけに頼らないことが大切です。小川教授は、「脳の機能をMRIで診てみると、回避的な思考から体を動かすようになると脳の機能はよい方に変わります。これまで気分の問題といわれていましたが、運動が脳の機能回復によいと科学的にわかってきたので、患者さんには好きなことで体を動かしてとお話ししています。慢性の痛みに対しては、しようと思ってする運動がよいです」とアドバイスします。

慢性の痛みは脳からのヘルプ! 我慢しないで治療を受けよう

痛みは体の異常事態を知らせるSOSであり、慢性の痛みは脳からのhelp(助けて)!かもしれません。痛みをずっと我慢していると脳にその刺激が伝わって過敏になり、慢性化しやすくなります。神経障害性疼痛は、肺がんの手術で肋間神経を切ったときや乳がんで乳房を切除したときなど、術後に起こることも少なくありません。事故や外科治療で腕や脚を切断し、ないのに痛いと感じる幻肢痛も神経障害性疼痛です。術後に痛みが残る場合も我慢しないことです。早めにペインクリニックを受診して適切な治療を受けましょう。
また、神経障害性疼痛は炎症がすでに治った状態です。炎症に効くNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)を鎮痛薬として服用している場合は、効果がないばかりか胃腸障害や腎機能障害、内出血などの副作用を起こすことがあります。長期間服用しているときは、注意しましょう。

監修 日本大学総合科学研究所 教授 小川節郎先生

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る