一人ひとりに最適な血圧測定を行う、
独自の技術 Intellisense®

1973年に初めて電子血圧計を発売して以来、オムロンは誰もが正確・簡単に血圧を測ることができる技術、機能を生み出してきました。

私たちがもっとも大切にしている基本方針の一つが「測定精度とユーザビリティ」の追求です。測定する一人ひとりの特徴に合わせて最適な血圧測定を行う、独自の測定技術もその一つ。
初めての方でも迷ったり不安になったりすることなく、安心して使える血圧計の開発に取り組んでいます。

一人ひとりの特徴に合わせた
血圧測定を行う

正確に血圧を測定するためには、測定時の姿勢やカフの巻き方、腕の太さや測定時の呼吸の状態など、さまざまな条件から影響を受けることがあります。独自の血圧測定技術「インテリセンス/Intellisense®」を搭載したオムロンの血圧計は、腕の太さや呼吸の早さ、大きななど、一人ひとりの特徴に合わせた最適な血圧測定を行います。
これにより、より正確で安心な測定をサポートするのです。

一人ひとりに最適な
加圧コントロール

血圧を測定する際には、自分の最高血圧値よりも30~40mmHgほど高くまで、カフ(腕帯)を加圧する必要があります。この加圧設定が高すぎても低すぎても血圧は正確に測ることはできません。
1991年、オムロンは加圧中にその人の最高血圧値を推定し、一人ひとりに適したカフの最大加圧値を自動設定する世界初の技術を開発しました。それにより、加圧のしすぎによる腕の痛みなどの測定時のストレスを軽減し、快適で精度の高い血圧測定を実現しました。

腕にカフを巻いて、測定開始のボタンを押すだけで血圧が測定できる。今では当たり前となっている、この使いやすい自動血圧計のベースには、オムロン独自の測定技術があるのです。

世界で初めて自動最適加圧を実現した
「ファジィ デジタル自動血圧計 HEM-706」
(1991年発売)

ミニコラム

一人ひとりに合った最適加圧のベースとなった「ファジィ理論」

オムロン独自の測定技術「インテリセンス/Intellisense®」には、「ファジィ理論」が活用されています。ファジィ理論は、1965年にカリフォルニア大学バークレー校のロトフィ・ザデー教授(情報工学)によって提唱されました。ファジィは本来、「あいまい」を意味します。人間が感覚や経験などで行う判断や処理を機械に再現させ、複雑なシステムを最適にコントロールする手法ですが、その考え方は科学分野だけではなく哲学や文学の分野にも浸透し、大きな影響を与えました。日本では、洗濯機や掃除機の制御システムにファジィ技術が採用され、話題となりました。
オムロンの家庭用血圧計では、“その人のその時の”血圧に最適な加圧値を推定し、最適な加圧を自動的に行う制御システムなどに採用されています。
ロトフィ・ザデー教授は、2009年にアメリカのノーベル賞といわれるベンジャミン・フランクリン・メダルを受賞されました。