vol.37

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

最近、とっさに言葉が出なくなったり、舌がもつれたりすることがあります。これらは脳梗塞の前兆と聞いたことがあるので、とても不安です。他にはどのような自覚症状がありますか?

A回答

脳梗塞の前兆と考えられる症状は、言語障害のほかに、顔や手足の左右どちらかがしびれる、足がもつれる、片方の目が見えなくなる、などです。

脳梗塞の前兆として、以下のような症状が現れる場合があります。

  • 顔や手足の左右どちらかがしびれる。
  • 物が二重に見えたり、かすんだりする。
  • めまいがする。
  • 思っていることが言えなくなったり、ろれつが回らなくなる。
  • 食事中に箸を落とすなど、持っているものを一瞬落としてしまう。
  • ふらついて歩けない、など。

突然、こういった症状が現れたら、直ちに病院へ行き医師に相談して下さい。必要であれば神経内科や脳外科などで詳しく調べてもらいましょう。
また同じ症状は、一時的に脳の血流が悪くなる「一過性脳虚血発作」でも見られます。この場合、症状は自然におさまりますが、だからといって放置しておくと、続いて脳梗塞が起きる場合もあるので危険です。必ず、病院で医師の診断をあおぐようにして下さい。
なお、脳梗塞は必ずしも前兆があるとは限りません。心配な方は、定期的に脳ドッグなどを受診すると良いでしょう。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る