vol.81

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

最近、足がよく浮腫(むく)みます。降圧薬を飲んでいますが、浮腫みと関係がありますか?

A回答

降圧薬の1つであるカルシウム拮抗薬の副作用として、足が浮腫むことがあります。また、腎機能や心機能が低下していると、浮腫みがあらわれることもあるので、すぐに医師に相談しましょう。
足の浮腫みは、細い静脈に溜まった血液によって静脈内の圧力が高まり、血液の成分が血管の外に押し出されるために起こります。カルシウム拮抗薬は、血管を拡張して血圧を下げる薬で、高い降圧効果がありますが、主に静脈よりも動脈を拡張するため、時に静脈に血液が溜まって浮腫みがあらわれることがあります。カルシウム拮抗薬は安全性も比較的高い薬ですが、浮腫み以外に、動悸、頭痛、ほてり感などの副作用があらわれることがあります。これらの副作用があらわれた際には、薬の量を減らす、あるいは薬の種類を変更するなどの対処が行われることもあります。

また、浮腫みは薬の副作用のほかに、腎臓や心臓の機能の低下によりあらわれることもあります。こうした浮腫みは、腎不全や心不全などの重大な病気の症状の1つですので、浮腫みがあらわれた時はすぐに医師に相談しましょう。


【関連コラム】

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る