vol.4 多汗症の悩み、その解決法

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.4 多汗症の悩み、その解決法 「30度を超えるような暑い日ではない」「パワフルに運動をしたわけでもない」「手に汗を握る応援をしたわけでもない」…なのに、手のひら、足の裏に汗をかき、常に濡れている、という人がいます。なかには、手をギュッと握ると汗がしたたり落ちる人も――。 このような単なる汗っかきを通り越してしまっている異常な汗っかきを、『多汗症』と呼んでいます。もちろん、ちゃんとした病気です。「人が気持ち悪がるので握手できない」「試験中に答案用紙が汗で濡れ、破れてしまうことも…」「床を裸足で歩くとペタペタ音がするので裸足になれない」「下駄をはくと足の形が残る」などなど、多汗症の人は一人で悩んでいることが多いのです。 この多汗症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、交感神経の反応が強いことは事実です。発汗のメカニズムは、脳の視床下部から信号が出され、その情報が脊髄を通り、交感神経から汗腺に伝達されます。その交感神経がどのようにして過敏になるのか、その点が解明されていないのです。

多汗症にはさまざまな状態があり、診断で以下の3段階に分けられます。

グレード1

手は汗で湿っているものの、光の反射を利用してよく見ないと汗ばみがわからない程度。

グレード2

手の汗ばみがはっきり見える。水滴までも見えるが、水滴がしたたり落ちるほどではない。

グレード3

手のひらに水滴ができ、汗がしたたり落ちる状態。

治療方法は、医師と十分な話し合いを行い決定します。症状の改善には、汗止め液の塗布も有効ですが効果は数日間です。そこで、グレードが2~3の場合、手術を行うという方法はあります。
手術は『胸腔鏡下交感神経切除術』が行われます。両わきの下の皮膚に4ミリ程度の孔(あな)をあけ、そこから胸腔鏡と電気メスを組み合わせた管を挿入し、わきの下にある交感神経を切断するのです。手術時間は左右合わせて1時間程度。この手術で両腕と胸から上部の汗は止まります。ただ、手術の合併症として「代償性発汗」という汗が止まった以外のところから、以前よりも多くの汗が出る症状がほとんどの人でみられます。しかし、手からの汗の代償として多くの人がこれを受け入れているようです。 もちろん、手術を行うのはグレード2~3といった人ですが、それでも十分に考え、医師と相談することが何より重要です。日常生活で多汗症がどれほどの障害になっているかをよく考え、代償性発汗などのデメリットとを考慮して後悔しない判断をしましょう。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る