2011.09.05

楽しみひろがる、「ウェルネスリンク」の新サービス 健康管理サービス「ウェルネスリンク」がテレビに対応

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン へルスケア株式会社(本社所在地:京都市、代表取締役社長:宮田喜一郎)は、Webを使った健康管理サービス「ウェルネスリンク」を、ソニー株式会社のインターネット機能を搭載した液晶テレビ<ブラビア>※でスタートします。

「ウェルネスリンク」は、体重、血圧、歩数、活動カロリーなどの測定データをWebで管理するとともに、そのデータをもとにパーソナルサービスが受けられるなど、さまざまな健康支援コンテンツを利用できる無料の会員制 健康管理サービスです。昨年11月にスタートし、会員数は5万人を超えています。(2011年9月1日現在)

インターネットテレビの急速な普及により、ユーザーのネット環境はますます多様化しています。そこで、現在のパソコンおよび携帯電話に加え、10月初旬よりテレビに対応した「ウェルネスリンク」のサービスをスタートします。
ウェルネスリンク会員の方には、グラフによるデータ管理、また会員以外の方にも健康情報をお届けするなど、テレビを通じての新しいウェルネスリンク利用の場を提案します。

今後もソニー株式会社とは、両社の商品を連携させた新しい健康サービスの拡大を目指し、検討を進めて行く予定です。

主なサービスの詳細は以下の通りです。

1.にっぽん健康情報マップ

全国のウェルネスリンクユーザーの健康情報を地域や都道府県ごとに表示します。
毎日更新される「にっぽん健康情報マップ」なら、健康をより身近に感じることができ、楽しみながら健康管理を続けられます。

2.測定データの転送(ウェルネスリンク会員向け)

ウェルネスリンク対応の体重体組成計、血圧計からFeliCa搭載のテレビリモコンを用いてソニーの<ブラビア>にデータ転送ができます。また、ウェルネスリンク対応機器をお持ちでない会員の方は、テレビリモコンを使って簡単に測定データの入力ができます。

3.マイグラフ表示(ウェルネスリンク会員向け)

テレビ画面上に測定データをグラフ表示します。


※対象機器:ソニー<ブラビア> FeliCa搭載モデル
(HX920, HX820, HX720, NX720, EX720, EX420シリーズ)

このページの先頭へ戻る