2021.11.01

オムロンヘルスケア松阪事業所が全国みどりの工場大賞「日本緑化センター会長賞」を受賞 ~地域本来の里山の構成種を植栽し地域の緑化に貢献~

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン ヘルスケア株式会社 (本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、当社)の国内生産拠点である松阪事業所(三重県松阪市)は、経済産業省が主催する2021年度「緑化優良工場等表彰制度(通称:全国みどりの工場大賞)」において、「日本緑化センター会長賞」を受賞しました。

この制度は、工場の緑化を積極的に推進し、工場内外の環境整備における顕著な功績を認められた工場や団体および個人を毎年表彰するもので、工場緑化の一層の推進を図ることを目的に経済産業省が1982年から主催しています。

今回受賞した松阪事業所は、家庭用血圧計や体温計などを生産する国内唯一の生産拠点であると同時に、グローバル生産体制におけるマザー工場の役割を担い、生産自動化を核とする先端生産技術の開発・生産モデルの確立をおこなっています。2020年3月には、国内向け体温計の自動化生産ラインやコールセンター、従業員の福利厚生施設(食堂等)からなる新棟を竣工しました。この竣工にあわせて、周辺や屋上などの緑化整備をしたことで「緑地等の多くが敷地境界線沿いに配置されていること」「植栽している樹種に地域本来の里山の構成種が選定されていること」など、工場敷地内外への影響や地域一体となった環境整備が評価され、「日本緑化センター会長賞」の受賞となりました。

松阪事業所の緑化は、地域の生活環境と調和しながら、地域に喜んでもらえること、従業員の心身の健康向上に寄与することを目的としています。2020年3月竣工にあわせて緑地面積を大幅に拡大させたレイアウトには、敷地境界に桜並木を植え、ウォーキングロードを設置しました。当社は今後もオムロングループの環境方針に基づき、事業活動における環境対応を進めると同時に、地域環境への貢献や環境情報の適切な開示を通じて、持続可能な社会の実現にチャレンジしていきます。


<オムロン ヘルスケア松阪事業所新棟>


<1階中庭>


<ウォーキングロード>

このページの先頭へ戻る