vol.159

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病患者はがんになりやすいと聞きましたが、本当でしょうか?

A回答

はい、本当です。特に、すい臓がん、肝臓がん、大腸がんになりやすいそうです。がんの予防のための対策を立てておくことが大切ですね。
以前から糖尿病とがん発症の間には、なんらかの関連があるのではないかと注目されていましたが、2013年に日本糖尿病学会と日本癌学会による10年間の追跡調査の結果が発表され、より詳しい関係が明らかになりました。
その報告によると、糖尿病患者の場合、糖尿病ではない人と比べて大腸がんは1.4倍、肝臓がんは1.97倍、すい臓がんは1.85倍も、がんを発症するリスクが高かったのです。

糖尿病にともなってがんが増えるメカニズムについては、不明な点も多いのですが、糖尿病では細胞を成長・増殖させるインスリンが多く分泌されるため、それががん化につながるのではないかと想定されています。肥満、運動不足、肉類が多く野菜不足の食生活は、2型糖尿病とがんに共通したリスク要因です。逆に、減量(肥満者の場合)、運動、野菜たっぷりの食生活、禁煙、節酒などの健康的な生活習慣は、糖尿病の合併症を予防するだけでなく、がんを予防することにもつながります。

がんは早期発見・早期治療などと言われます。しかし、「糖尿病で医療機関にかかっているから、がん検診は受けなくていいだろう」と勘違いしている人がいます。通常の診療の中で、すべてのがんのスクリーニングはなかなかできません。また、腫瘍マーカーなどの血液検査だけではがんのスクリーニングはできません。がんの部位によって、スクリーニング方法は異なります。膵臓がんのスクリーニングには腹部超音波検査が、大腸がんのスクリーニングには便潜血反応が用いられます。がん検診を定期的に受けることでがんを早期発見することができます。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る