高血圧による脳・心血管疾患の発症ゼロへ

血圧ラボ 血圧基礎知識編血圧の基本

血圧の診断基準

早朝高血圧とは

早朝高血圧とは…

家庭血圧でしか見つけることのできない高血圧の一つに早朝高血圧があります。起床後1、2時間以内の血圧が高い(135/85mmHgを超える)場合をいいます。

図Aは心筋梗塞と脳梗塞の起こる比率を時間帯別にグラフ化したものです。1日のうちで、朝の8時から12時の間、つまり起床後数時間以内の発症率が多く、これが早朝高血圧によるものといわれています。

しかし、早朝高血圧も診察室血圧では見つけられません。家庭血圧を測って初めて分かる症状だということからも、家庭血圧の重要性がお分かり頂けると思います。家庭で測定した血圧値を記録して、医師に相談されることをお勧めいたします。

【図A 心筋梗塞と脳梗塞の発症】
PAGE TOP