vol.133

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病で薬物治療を受けていますが、別の病気で手術を受けることになりました。
なにか注意することはありますか?

A回答

手術に向けて、血糖コントロールを良好にしておくことが大切です。
良好な血糖管理をすることで、術中や術後に合併症を起こすリスクが低下します。
健康な人であっても、外科手術を受けることで交感神経が活発化し、さまざまなホルモンの放出によってインスリン抵抗性が高まり、高血糖状態となることが知られています。また、糖尿病を持つ人では高血糖により免疫力が落ちているため、手術の後に感染症を併発したり、傷が化膿したりするリスクが高くなっています。

そのため、糖尿病の患者さんでは術前・術中・術後の良好な血糖コントロールが必要となります。術中や術後の血糖管理は担当の医師が行いますが、術前に良好な血糖コントロールを行っておくことで、感染症などのリスクを低くすることができます。 たとえば、糖尿病を持つ人が白内障の手術を行う場合は、良好な血糖コントロールができている時に行います。これは入院してから急に厳格な血糖管理を行うと、糖尿病網膜症が悪化する可能性があるからです。そのため、血糖値が高い場合には手術を延期し、糖尿病教育入院などをして、内科的な治療を先に行います。最近では、白内障の手術は飛躍的に進歩し、手術による侵襲(手術に伴う痛みや出血など)が少なくなり、以前ほど厳格な血糖コントロールが必要とされてはいません。どの程度まで血糖コントロールをしておけばよいのか、かかりつけの先生や手術を担当される先生に尋ねてみましょう。

いずれにせよ、手術が必要だと言われたことをきっかけに、自身の糖尿病のコントロールを一度、見直してはいかがでしょうか。また、全身麻酔が必要な手術には禁煙が必須です。自分でやめる自信がない人は、禁煙外来を利用しましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る