糖尿病になりやすいタイプは

糖尿病の原因は

糖尿病(2型)の原因には、遺伝的要因と環境的要因の2つがあります。
以下のような要因を多くもっている人ほど、糖尿病になりやすいので注意しましょう。

遺伝的要因 日本人は欧米人と比較するとインスリンの分泌量が少なめで、糖尿病になりやすい傾向があります。
とくに家族(親や兄弟・姉妹)に糖尿病の人がいる場合には、あなたも同じ遺伝子や体質を受けついでいる可能性があります。インスリン抵抗性といって、インスリンの働きがよくない体質を受けつぐと、糖尿病になるリスクも高くなります(注:糖尿病そのものは遺伝しません)。
ただし、家族に糖尿病の人がいても、かならず発症するわけではなく、生活習慣に気をつけることで予防することができます。
環境的要因 日頃の生活習慣は、糖尿病の発症に大きな影響を与えます。
慢性的な食べすぎ、肥満、運動不足、過度の飲酒、加齢などの要因があります。とくに肥満は糖尿病に直接的な影響を与えます。現在は太っていなくても、過去に太っていた人も要注意です。
家族に糖尿病の人がいない場合でも、こうした要因をもつ人は糖尿病になるリスクが高くなります。
ワンポイントアドバイス

「倹約遺伝子」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。食事などで得たエネルギーを脂肪として蓄える働きをする遺伝子で、日本人に多くみられます。そのため日本人は食べすぎると太りやすく、また欧米人にくらべてインスリンの分泌量が少ないために、ちょっと太ると糖尿病になりやすい傾向があります。それだけに糖尿病の予防のためには、まず肥満を解消することが大切です。

このページの先頭へ戻る