生理のときの出血量と妊娠のしやすさは関係ありますか。 | オムロン式美人

生理のときの出血量と妊娠のしやすさは関係ありますか。

あまり関係ないと思ってよいでしょう。以前とは違う出血や生理の変化があり、それが続くようなら婦人科を受診しましょう。

生理の出血量は、年齢や女性ホルモンの状態、病気などにより変化します。例えば、エストロゲン分泌が盛んな若い年代のほうが、比較的月経時の出血量は多くなると考えられますね。また、子宮内膜症や子宮腺筋症を起こしている場合にも、出血量が増えることがあります。子宮の病気があれば、当然妊娠には不利になりますから、放置してはいけませんね。
逆に出血量が少ない場合はどうでしょう。年齢とともに女性ホルモンが減ってきて出血量が少なくなってきている、ストレスや疲れが原因で月経周期が乱れ出血量が変わってきているなど、理由はさまざま考えられます。そのほか、子宮内膜が子宮にたまってでてこないために、出血が少なくなっている子宮内膜増殖症の可能性もあります。
いずれにしても、どのような出血の変化なのかは、婦人科を受診しないとわかりません。気になる生理の変化が続いたら、婦人科を受診して病気が隠れていないかどうかをみてもらってください。

その他の妊娠・出産に関するQ&A

pagetop