妊娠した場合、基礎体温に変化はありますか? | オムロン式美人

妊娠した場合、基礎体温に変化はありますか?

あります。月経が来ないまま2週間以上高温期が続いていれば、妊娠の可能性があります。

きちんと排卵があり、月経周期が正常な女性の基礎体温は、低温期と高温期の二相を描きます。一般には生理が始まって2週間ぐらいは低温期が続き、その後排卵が起きた後には高温期が2週間続く、という具合です。

一方、妊娠したときの基礎体温は、月経が来ず、高温期が続きます。その理由は、卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)にあります。黄体ホルモンは、排卵後、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くし、体温を上げるように働きます。妊娠すると黄体ホルモンの分泌量は増加し、妊娠後期まで増え続けるため、基礎体温が高温期のまま継続されるというわけです。

ですから、高温期が2週間以上続いていれば、妊娠の可能性があります。3週間以上続いている場合は、妊娠の診断が必要です。産婦人科を受診しましょう。

その他の妊娠・出産に関するQ&A

pagetop