全体的に不調です。汗をかきやすかったりだるくてやる気がおきなかったり気持ちが落ち込んだりしているのですがこれらは更年期の症状ではないですか? | オムロン式美人

全体的に不調です。汗をかきやすかったりだるくてやる気がおきなかったり気持ちが落ち込んだりしているのですがこれらは更年期の症状ではないですか?

年齢が45歳以降なら更年期症状の可能性が高いでしょう。ただし、不調の原因には、何らかの病気や生活習慣が関係しているかもしれません。自己判断せずに、婦人科に相談してみましょう。

月経前症候群(PMS)や更年期の症状とよく似ていますね。PMSだとすれば生理が始まると症状は消えるはずです。ただ、更年期前になるとPMSがさらにひどくなる人が多くなります。ですから、PMSの症状が長引いたり、以前よりつらくなってきているとしたら、更年期が近いというサインかもしれません。
一般に更年期世代というと45歳〜55歳くらいを指しますが、個人差があります。30代後半からは徐々に女性ホルモンの分泌量が低下していくので、不調が早く現れる人もいます。
いずれにしても、自己判断はよくありません。これまでの生活より3割以上調子が悪くなっていて、しかもその状態が3ヵ月以上続いているなら、治療が必要です。婦人科を受診し、子宮・卵巣のチェックやホルモン検査を受けてみてください。甲状腺や貧血の検査を受けてみるのも大事ですね。
医師には、どういう症状で困っているのか、以前の生活と比べてどれくらい不自由になっているのかを、きちんと訴えることが大事です。子供にイライラしてあたってしまうとか、接客の仕事をしているのに汗が止まらなくなり仕事に集中できないとか…。できれば、女性医療に熱心な婦人科医に診てもらうことをおすすめしたいですね。

<関連コラム>
「20代〜30代で更年期!?」のゴカイ
通常、女性ホルモンの分泌量のピークは20代前半〜30代前半で、30代後半から徐々に下がり始めます。40代半ば過ぎからは一気に減少し、一般に50歳前後で閉経を迎えます。
更年期症状というのは、卵巣の老化により女性ホルモンが急激に低下して起こるものです。女性ホルモンの分泌量がピークの20代〜30代でも更年期のような症状が現れることがありますが、これは、ストレスや不規則な生活などからホルモンや自律神経のバランスが乱れて〝一時的に〟卵巣の機能が低下して起こるもの。更年期とはメカニズムが違うことを理解しておきましょう。

その他の更年期に関するQ&A

pagetop