更年期は何歳くらいから症状が出始めますか? | オムロン式美人

更年期は何歳くらいから症状が出始めますか?

個人差はありますが、40代後半から出始める人が多いようですね。月経の変化は一つの目安になります。

「更年期」とは、閉経をはさんだ前後5年、約10年間の時期を指します。50歳すぎに閉経する人が大部分なので、一般的には45歳〜55歳くらいの時期が更年期にあたるといっていいでしょう。
更年期の症状が本格的に出始めるのはだいたい40代後半ぐらい。卵巣機能が落ちてきて月経が不順になり出してからですね。卵巣からの女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は、40代半ばぐらいから目に見えて低下し、閉経するとほぼゼロになります。この女性ホルモンの減少が、月経不順や体調不良の原因になります。
40代後半ぐらいから、ほてりやのぼせなど「これがそうかしら?」と自覚する症状があらわれて、「自分は更年期かも」と実感する人が多いようですね。

<閉経とは?>

最後の月経から1年以上月経がなければ閉経と診断されます。日本人女性の平均閉経年齢は50〜51歳ぐらい。ただ、閉経年齢には個人差があり、40代の早い時期に閉経する人もいれば、50代半ばすぎまで月経がある人もいます。

月経不順から閉経までのパターン例(※個人差があります)
正常な月経周期

月経周期が短くなってくる

一部が無排卵月経になる(無排卵出血)
↓※機能性出血などが見られる人もいる
月経が2〜3ヵ月に1度になる

閉経(月経が1年以上ない状態)

その他の更年期に関するQ&A

pagetop