生理前から生理中にかけて眠たくなるのはなぜですか? | オムロン式美人

生理前から生理中にかけて眠たくなるのはなぜですか?

生理周期によって変動する女性ホルモンの波が、睡眠のサイクルや眠りの質に関係しています。眠たくなる人もいますが、寝つきが悪くなる人もいます。

排卵後~生理直前の黄体期は、眠気を強くするプロゲステロンの分泌が盛んになるためです。また、黄体期は基礎体温の高温期にあたります。体温の変動が少なく、体温が高めの状態が続くこともあって、日中ボーっとしたり、眠たくなったりするんですね。
こうした女性のからだの変化は、プロゲステロンが妊娠に備える女性ホルモンであることが関係しています。からだを休ませようとする作用があるため、実際に、妊娠するとプロゲステロンがたくさん分泌されて、だるい、熱っぽい、眠くてたまらないなどの症状があらわれる人は多いんですよ。
ところが同時に、黄体期は寝つきが悪くなる時期でもあります。からだは体温を下げながら眠りにつくというしくみになっているため、基礎体温が高くなるこの時期は「眠いのに眠れない」ということも起きるのです。なかには、夜中に目がさえてしまい掃除に精を出す女性もいます。
このように女性ホルモンの変動は、少なからず睡眠のサイクルや睡眠の質に影響しています。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop