生理中、陰部のかぶれやかゆみが気になります。対策方法はありませんか? | オムロン式美人

生理中、陰部のかぶれやかゆみが気になります。対策方法はありませんか?

生理中は、経血や生理用品による蒸れ、ナプキンのこすれなどから、陰部のかぶれやかゆみが起こりやすくなっています。ナプキンやタンポンをこまめに変えて、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

粘膜に近いデリケートゾーンは、皮膚が薄くて敏感な部分。いつも下着に覆われているので、ただでさえ多湿になりやすい環境です。生理中は、経血や生理用品によってさらに蒸れやすくなる上に、ナプキンの紙やタンポンの紐が肌に刺激を与えるため、デリケートな肌がかぶれやかゆみを起こしやすくなっています。

生理中のかぶれやかゆみを防ぐには、ナプキンやタンポンをこまめに取り替えて、デリケートゾーンをなるべくさらさらに保つことが大切です。かゆみや不快感が気になるときは、デリケートゾーン用のウェットティッシュで陰部をやさしく拭き取りましょう。敏感肌で紙ナプキンではどうしてもかぶれる、かゆくなってしまう場合、通気性のよい布やタオルのナプキンを使うのもひとつの手です。

かぶれやかゆみが気になるからといって、石けんでゴシゴシ洗うのはNG。デリケートゾーンを摩擦で傷つけてしまい、かえって雑菌が繁殖することになりかねません。専用ソープでそっと洗い流しましょう。

また、からだの抵抗力が低下していると、肌トラブルが起きやすくなります。ちゃんと寝る、バランスよくたんぱく質やビタミン、ミネラルをとる等、生活改善を心がけて、生理期間を健やかに過ごしましょう。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop