おりものの色がいつもと違います。何か原因があるのでしょうか? | オムロン式美人

おりものの色がいつもと違います。何か原因があるのでしょうか?

おりものの色は、生理周期や体調によって変化します。明らかにいつもと違う色を伴っている場合は、性感染症や大きな病気が潜んでいる可能性も考えられます。

正常なおりものの色は、個人差はありますが、半透明から白っぽい色、もしくはクリーム色です。下着などに付いて乾くと、酸化して黄色っぽくなります。排卵日の前後にピンク色や茶褐色のおりものが出ることがありますが、これは排卵に伴ってごく少量の出血が起こる「排卵期出血」がおりものに混じったもので、異常ではありません。

ただし、膣や子宮の炎症や子宮がんなどによる不整出血でも、おりものがピンクや茶褐色に変色するケースがあります。血液が混じったおりものが長引く場合や、排卵期に関係なく見られる場合は、思わぬ病気が隠れているかもしれません。

膣内が炎症を起こしているときは、濃い黄色や黄緑色をした膿のようなおりものが増えます。魚が腐ったような悪臭を伴う黄色っぽいおりものが増え、かゆみを伴う場合は、大腸菌、カンジダ、トリコモナスなどによる膣炎が疑われるでしょう。

おりものの色の変化は、健康のバロメーターになります。おりものの色や臭いの変化に気づいたら放置せず、病院で調べてもらいましょう。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop