生理期間が始まると基礎体温はどう変化しますか? | オムロン式美人

生理期間が始まると基礎体温はどう変化しますか?

生理が始まると基礎体温が下がる「低温期」に入ります。生理が28日周期の場合、低温期が約14日間続いたあと、排卵期を境に「高温期」が約14日間続きます。

女性の基礎体温は、生理開始から次の生理までの間に低温期と高温期の二相に分かれます。女性は排卵があるため、女性ホルモンの影響で0.3~0.5℃ほどの微妙な体温の変化が周期的に起こるからです。ちなみに、男性にはこのような体温の二相はありません。

正常な排卵が行われている健康な女性の場合、生理が始まると体温が下がって低温期が約14日間続いたあと、排卵後に体温が上昇し、高温期が約14日間続きます。そこで妊娠をしていない場合、体温が下がって生理がくるというサイクルを繰り返すことになります。

生理周期に合わせて基礎体温がきれいな二相曲線を描いていれば、卵巣が正常に機能している証拠です。体温が上がらず低温期が続く場合は、無排卵になっています。反対に、高温期が続く場合は、妊娠しているかもしれません。

基礎体温を測ることで、女性特有のからだのリズムを知ることができます。自分の生理周期をきちんと把握できていないのなら、まずは1周期分の基礎体温を記録してみましょう。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop