生理中でもないのに、お腹の下あたりがチクチク痛みます。どうしてですか? | オムロン式美人

生理中でもないのに、お腹の下あたりがチクチク痛みます。どうしてですか?

生理と生理の中間頃に下腹部あたりが痛む場合は、排卵日前後に起こる「排卵痛」かもしれません。痛みが強いときは婦人科の治療が必要なケースもあるので、早めに受診しましょう。

生理のときにお腹の下あたりが痛くなるのが生理痛ですが、それ以外の時期にも下腹部に痛みを覚えることがあります。生理と生理の間の時期であれば、排卵痛かもしれません。排卵痛とは、文字どおり、排卵に伴って起こる痛みのことです。生理周期が28日周期の場合、生理開始日から数えて約14日後に排卵日を迎えるといわれています。

排卵とは、卵子が卵巣の壁を破って外に排出されること。その過程で、破れた卵巣から卵胞液と血液が流れ出し、腹膜を刺激することから痛みを生じるのです。卵胞が破れた際の出血は「排卵出血」と呼ばれ、子宮外妊娠と勘違いされることもありますが、手術は必要ないので心配はいりません。

通常の排卵痛は、排卵時の2~3日で終わるものなので、それ以上痛みが続く場合は、他の原因が考えられるでしょう。子宮内膜症や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)などの婦人科の病気でも、激しい下腹部痛が起こることがあります。生理日以外に下腹部の痛みが長く続く、あるいはだんだんひどくなる場合は、早めに婦人科を受診し、超音波検査や血液検査を受けましょう。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop