生理のとき、血の塊が気になります。病気の可能性はありますか? | オムロン式美人

生理のとき、血の塊が気になります。病気の可能性はありますか?

血の塊がたくさん出るときは「過多月経」。病気が原因になっている可能性もあります。

月経血は、子宮内膜がはがれ落ちたときに血管が断裂して起こります。ですから、生理の際に流れる経血には、子宮内膜の組織が含まれています。そのほとんどは酵素の力でサラサラの液状になっているため、塊にはなりません。

しかし、月経量が多いとそのまま血の塊として出てくることがあります。小さな血の塊が混じる程度なら、あまり心配することはありませんが、経血量が異常に多い、あるいはレバー状の大きな血の塊がたくさん混じるなどの症状がある場合は「過多月経」と診断されます。貧血のチェックと、婦人科の診察を受けた方がよいでしょう。

 

過多月経の原因は、病気が原因の場合とそうでない場合があります。

 

過多月経の原因

  • 婦人科系の病気
    子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜増殖症、子宮内膜ポリープ、子宮内感染など。
  • 女性ホルモンの分泌異常
    ホルモンバランスの乱れによって、排卵が起こらずに、内膜をきれいにお掃除する黄体ホルモン(プロゲステロン)が働かない状態になる→子宮内膜が異常に厚くなる(増殖する)ことが原因。思春期や更年期によく見られる。

 

このほか、甲状腺機能異常など内科の病気が関係していることもあります。

 

レバー状の塊がたくさん出て気になる場合やナプキンが1時間ももたないほど経血量が多い場合は、婦人科を受診して相談してください。内膜の増殖を抑える黄体ホルモン(プロゲストーゲン)や低用量ピルなどを数ヵ月内服すると正常に戻ります。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop