なぜ月経痛が起こるのですか? | オムロン式美人

なぜ月経痛が起こるのですか?

子宮内にたまった経血を体外へ排出する過程で「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。このプロスタグランジンが生理痛の原因です。

月経とは、子宮の内膜が子宮壁から剥がれ落ちて、血液とともに排出されることをいいます。その際に痛み物質であるプロスタグランジンが、子宮をギューッと収縮させはがれた子宮内膜を押し出そうとするので、陣痛のような生理痛が起こるのです。プロスタグランジンの分泌量が多いほど、子宮を収縮させる力が強くかかり、生理痛を悪化させることになります。

若い世代や出産経験のない人は、子宮口が未発達で子宮頸管(けいかん)が狭く、経血がスムーズに流れないので、子宮が過剰に収縮して痛みが強くなる傾向があります。特に病気がないのに寝込んでしまうほど生理痛がつらい状態を「月経困難症」と呼びます。月経困難症は、年齢の若い女性ほど多く、年齢や出産回数を重ねるにつれ減っていくのが特徴です。手術するような病気がなくても、機能性月経困難症といって、治療の対象になります。

いっぽう、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気によって、激しい生理痛がもたらされる場合もあります。これを「器質性月経困難症」といいます。器質性月経困難症を改善するには、痛みの原因となっている病気を治すのが先決です。いずれにせよ、低用量ピルや痛み止め、漢方など保険適応で幅広く治療ができ、数ヶ月でかなり改善します。生理痛が重い場合、女性は早めに婦人科を受診しましょう。

その他の月経・生理に関するQ&A

pagetop